四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

「夢から醒めた夢」感想本編(長文)

29日に観た「夢から醒めた夢」の感想がようやく書けそうだ。でもまとまってないこと必至。

劇場内ロビーでも客席でもパフォーマンスは続く。
劇団四季の役者は大変だ。歌やダンスの他に、手品や器械体操やサックス演奏(これは別の芝居だ)まで稽古しないといけない。
席は2階席1列目真ん中ブロックのやや上手寄り。個人的には非常にいい席が取れたと思っている。



さて開幕。肝心のお話はと言うと。
お察しの通り泣きました。そして笑いました。
笑わせた後にホロリとさせ、泣かせた後に笑わせる。
日本の芝居の王道にのっとった展開、本当に無理がなくてリラックスして観る事ができた。四季オリジナルミュージカルのいいところである。
「日本人が創った芝居なんだなあ」と一番感じるのはマコの最初の出。切り穴からドライアイスと共にせりあがってくるのを観て「あー、幽霊だからこの出方か」と妙に感心した。※歌舞伎の幽霊や妖怪変化の登場の仕方と一緒

印象に残った場面。
霊界空港で老夫婦が再会するところ。母方の祖父母の姿を重ねて涙が出た。
私事で恐縮ですが、母方の祖父が亡くなったのは私が中学生の時。祖母は「お父さん、ちっとも迎えに来てくれない」とぼやきながら、それから18年たって亡くなった。祖父は晩年は民事中心の弁護士生活を営んでいた。「死ぬ前日まで自分の体より患者を心配していた」医者の老人と姿がダブる。口の悪い人でもあったので、きっと祖母を「遅かったじゃねえか」と迎えたに違いない。そんな事まで想像をめぐらせると、今でも涙が出る。

メソが白いパスポートを横取りしたのが発覚した時に、部長が思わず発した一言。
「私の管理不行届きだ…」
いくら連帯責任とはいえ、霊界に来てまでこれは気の毒だったなあ。笑っちゃたけど。

「愛をありがとう」、あの場面で歌われるとは…。実は一番最後の場面で歌われると勘違いしていた。
もちろん泣きました。
感極まったヤクザがずっと帽子を振って見送っているのが、またジンとくる。

最後みんなが光になれて良かった。
このうえなくまっすぐな作りの「夢から醒めた夢」、観終わった後は自分自身もまっすぐな気分になれた(ような気がする)。
もう1回ぐらい観ようと思ってさっき四季のHPを確認したら、楽日が7月31日になっている。いつ観に行こうかな。(これが終わったらいよいよ「昭和3部作」連続公演か…)
[PR]
by piramasa | 2005-05-01 10:00 | 芝居感想