四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

8月5日『レ・ミゼラブル』マチネ オペラグラスいらず(泣)

8月5日…、もちろん帝劇レミゼの感想です。
時期をはずして大変申し訳ございませんが、10月の博多座合宿を目前に控え、吐き出しておかないと…と思いましたので、おつきあいくださいませ。
この日は別所バルジャンに禅ジャベール、奇しくも今日の博多座マチネはこのお二人の楽…とは、言い訳が苦しいですね。

8月5日マチネ、席はレミゼどころか帝劇に行きだして初のB席、そしてセンター。
さすがリピーターの多い演目、加えて私は原則土日でないと観に行けないので、かえってB席が手に入りづらかった…というわけ。
幸いなことに今回はS席が正規料金より少し安く手に入ることが多かったのと、S席でもセンターだったり前方の席だったりとそれなりにいい席が手に入ったので満足していました。

さて帝劇B席は遠かった。
席について舞台を見おろした感想…、そう、正に「見おろした」という表現がピッタリでございます。
歌舞伎座の3階B席より遠いじゃないかー!
この日オペラグラスのピントは前月に歌舞伎座で合わせた時のまま。
だからいくら合わせても舞台がぼやける!一幕目途中でオペラグラスを使うのはやめました。
教訓:帝劇B席で6倍のオペラグラスは役に立ちません



でもB席でオペラグラスなしで観ると、『レ・ミゼラブル』はズームの場面とアップの場面がうまく交互になっているのがわかって面白かった。

オペラグラスなしで実感したのは、別所さんの芝居が大変わかりやすかったこと。
「名乗れば牢獄、黙っていても地獄」のところなんか特にそう。
「Drink with me」から「Bring Him Home」への流れなんか、もういけません。
「Bring Him Home」では、別所さんの顔だけが浮かび上がるかのようにはっきり見えましてねえ。
感動した。

わかりやすかったと言えば「恵みの雨」。
新妻さんも3階B席の客に優しい役者さんでした。
1階で聴くと「瀕死でもバズーカ」な声なのに、このあたりで聴くとちょうど良かった。
いやもう、…一番泣いたなあ。新妻さんのエポニーヌは4回観たが、この日が一番良かった。
それでもってマリウスは、レミゼのミスター顔芸ナンバー2藤岡さんだし。
白状しますと私、エポニーヌでグッとこなくても藤岡さんの「花育てる…」の表情で泣くことあります。

終盤、マリウスにコゼットを「頼むよ」と託すあたりから、バルジャンの声が涙声になっていた。
そうそう、歳をとると涙もろくなるよね。
ファンテーヌが登場するところ、B席から観ると白の衣装が実によく目立つ。
実に神々しくて絵画の一部を観ているかのようだった。
菊地さんのコゼット、あたりまえだが開幕当時と比べると本当に良くなった。
いつの頃からか、菊地さんの時は「生きてパパ 生きるの」で涙腺が決壊するようになりました。
つられて?「そうコゼット、言うとおりに…」以降、だだ泣きする別所さんに私もつられてだだ泣き…。
でも「罪深き我が身…」でガラっと壮年期の声に戻るのがひそかなツボ…と言ったらバチがあたるかしら。

さてこの日やっと初見、禅さんジャベールの感想。不思議なジャベールだった。
なにしろその…、岡さんとは別の意味で育ちがいいジャベールだなあと。
育ちがいいというか、いい人。今シーズンのジャベールの中で一番人柄のいいジャベール。
職務には忠実だけど、時として「これでいいのか?」と自問自答していそうなジャベール。
今さんのような「人間臭いジャベール」とはちょっと違う。

個人的に一番大きかったのは阿部ジャベールを観た直後だったと言うこと。
今シーズン初めて観たジャベールが禅さんだったらまた印象は違ったかもしれない。
そして思う。禅さんはジャベールよりバルジャンをやるべきだと。
ケアードさん、次回は是非御一考を…。

さてカテコ。
劇中からテンションが高かった別所さん、カテコもテンションが高かった。
挨拶した後ひとりでさっさと引っ込んだかと思えば、ガブローシュ役の原田光くんを姫抱っこもどきして出てきたり。
もっともその後原田くんを真ん中に連れて行ったりしていたから、誕生日だったのかもしれない。
カテコ最後の方では別所さんが2階席上の方にバイバイをしてくれた。
返しながら、目が合った!…とお約束の勘違いをしたのは公然のナイショということで(笑)。

そうそう、別所さんの恒例行事(姫抱っこ)が飛び出した後、禅さんがプリチーなことをなさいました。
ちょっと辺りを見回して、リトルコゼットちゃんを抱っこしてはけていったのです。…禅さん、素敵ィ~♪

自分の別所バルジャン楽だったので、大盛り上がりの1日でした。
そして博多座では別所さんに逢えず、…次回のレミゼも是非バルジャンでご登場いただくことを願ってやみません。

【8月5日マチネのキャスト】
ジャン・バルジャン 別所哲也
ジャベール     石川禅
エポニーヌ     新妻聖子
ファンテーヌ    山崎直子
コゼット      菊地美香
マリウス      藤岡正明
テナルディエ    徳井優
テナルディエの妻  瀬戸内美八
アンジョルラス   坂元健児

帝劇公演の目標:「ジャベールコンプ」&「今ジャベ軸にバルジャンコンプ」
この回の達成度:禅ジャベール達成
通算達成度  :ジャベールコンプ達成!
       :今ジャベvs橋本バル・別所バル・山口バル達成
[PR]
by piramasa | 2007-09-23 22:55 | 芝居感想