四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

7月18日宝塚星組感想 新たなる妄想の旅立ち

1年ぶりに宝塚大劇場へ行ってきました。

観たのは星組『太王四神記 VerⅡ』。
ご贔屓の組ですが、1年前と違うのは主演男役と主演娘役が変わっていること。
とうこさんファンの私には辛い事実ではありますが、
その1年前の『スカーレット・ピンパーネル』で劇的な変化を遂げた柚希礼音さん(以下、「ちえちゃん」)がトップになるのはまったく異議がないのもまた事実です。

そしてトップお披露目の演目。
花組の二番煎じじゃないか!「大人の事情」にも程がある!
と、憤りもしました。

個人的には幕が開くまで、自分が不安でもありました。
とうこさんとあすかちゃんがいないのは受け入れたつもりでいました。
しかし開演前に目を通したプログラムに違う現実を突きつけられました。
しいちゃんとしみこと、そしてキンさんとますみさんがいないとは。
トップではない方の退団の方が衝撃が大きかったとは、
これも宝塚を好きになった人間の功罪と言うものでしょうか。

始まってみれば「村」まで足を運んだ甲斐があったと思ったのですから、ファンとは厄介なものです。
くそ熱い星組は健在でした。



ちなみに花組の『太王四神記』は観ていません。
なので「歌劇」で花組の皆さんがご披露してくださったネタ?が頼りと言えば頼りでした。
しかし星組と花組とで、随所で構成が違っていたらしい。
しかも登場人物が多すぎて、1回観ただけでは人間関係がわからない方々が多すぎました。
…東宝公演、3枚取れて良かったよ。
なので今回は純粋に第一印象のみの感想です。

新トップ柚希さん(以下「ちえちゃん」)のタムドク、実に素敵でした。
心理表現もさることながら、なんと言っても歌がとても良くなったのがいいです。
やっぱりワイルドホーンの曲を歌いこなせたのが大きかったのかな。
そうそう、入団10年でトップになられたのよね。
立ち回りのキレの良さたるや、「若いっていいわねえ!」と近所のおばちゃん丸出しで感心しておりました。
もっとビックリはフィナーレ。
あれだけの羽根を背負っていながら、最後のお辞儀の角度が比喩でなく90度だった!
私、直角90度のお辞儀をするトップさんを初めて観ました。いやホントに。

これで今回の『太王四神記』が初演であれば、または星組の次の大劇場公演で『太王四神記』をやるのであればもっと良かったのに…とは、隠しもしない本音です。

娘役トップ、夢咲ねねさん。
芝居うまいねえ!
どこか後ろめたさを感じさせる可憐さがいいと思います。←ほめてます
タムドクの子どもを身ごもったり、大長老にまとわりつかれたりといった、
いわゆる「色気」が薄いのが難点ですが、これは経験を積むほかないでしょう。
お歌は…もう少し頑張って…ゴホン。
ねねちゃんと言い、野々すみ花さんと言い、
最近の娘役トップさんは芝居っ気のある人が多くて楽しいです。

雪組から異動されてきた鳳希かなめさん。
ヨン・ホゲが落ち入りの場で歌う「君が王なら」は、グッときました
歌が上手な人が異動してきてくれて良かったです。
あとは私が鳳希さんの声と雰囲気を覚えるだけ…、東京で待っててね。

個人的なヒット。
最近気になってしょうがないのが、カグン将軍役の天緒圭花さん(以下「はまちゃん」。
カグン将軍は北のお生まれと見えて大変流暢な東北弁?を操っておられましたが、
はまちゃんは確か東京生まれのはず…。
鳳希さんや彩海さんと同期なのに、「妖しいまでに渋いおまえ」なのがたまりません。

※8月16日訂正と追記。
とんでもない間違いをしておりました。「北のお生まれ」なのはフッケ将軍でした。
でもまゆみさん(にしき愛さん)も東京生まれのはず…。
そしてはまちゃん、カグン将軍でも「妖しいまでに渋いおまえ」なのは変わりはなし。

同じく東北弁を操るチュムチ、紅ゆずるさん。
七之助似の男前?ながら、しどころがあまりなかったのが残念ですが、
存在感はバッチリでした。
次は役に恵まれることをお祈りします。

そしてなんと言っても、大長老・涼さん(以下「とよこ」)。
思わず『太王四神記 外伝 ~火天会 その軌跡~』とかスピンオフを考えたほどに、
とよこ大長老は出てきただけで「怪しい!」(「妖しい」ではなく)雰囲気がプンプンでした。
それでいながらフィナーレはカッチョいいんだからなあ。
クセになりそうなそのギャップを、東京で切にお待ち申し上げます。

卒業された方は多かったけれど、
組長さんにユズ長さんにまゆみさんにちーくんは健在でホッとしました。
反面、配属されたばかりの研一さんも劇中あちこちで頑張っていて、
こうやって宝塚は続いていくんだなあと感慨深くもなります。

では内容に特化した感想はまた1ヶ月後に。
[PR]
by piramasa | 2009-07-23 23:58 | 芝居感想