四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

本日のベイスターズ

10-7で負け。試合時間は実に4時間半もかかったよう。
今日も中継を観たわけではなくベイスターズの公式HPを見て知った。

試合もさることながら、ベイスターズのHPの作り方もなかなかいいと思う。と言うか良くなった。
トップページが見やすくなり、かつ興味を引く作り方になっている。
一番いいのはトップページで「4時間半の死闘も、無念の惜敗」と、
その日の試合内容が簡潔にわかるよう表示されていること。
子どものファンも見る確率が高いから、見やすい、わかりやすいと言うのは好感が持てる。
企業のホームページかくあるべし。
[PR]
# by piramasa | 2004-05-05 23:39 | 野球

ロックインアメリカ

今ナイトレンジャーの「ROCK IN AMERICA」を聴いている。
80年代のハードロックかくあるべしと言うカンジの脳天気で明るい曲、
かなりお気に入りである。
私の中ではもうひとつ、
「フジテレビ珍プレー好プレー大賞の、好プレー編でかかる曲」なんてステータスもあったりする。
この曲知ってる方は想像してみてください。
「珍プレー好プレー大賞」担当氏のセンスの良さを実感すると思います。

ついでに言うと、日テレも80年代のハードロックがさりげなくBGMでかかってたりしてます。
[PR]
# by piramasa | 2004-05-05 23:28 | 音楽

ベイスターズどうした!?

2位だって。首位阪神に1ゲーム差。

もっとビックリしたのは規定投球回数未達とは言え、
川村がまだホームランを1本も打たれてない上に防御率が0.63だってこと。
(つまり佐々木よりも防御率がいい!これはマジビックリ!)
川村丈夫と言えば奪三振も多いが被ホームランも多い、「怪」速球派投手。
(だから新人王、澤崎に持ってかれるんだよ。
 ホームランさえ打たれなければ間違いなく新人王取れたのに)
先発よりセットアッパーと言う山下監督の構想は間違っていなかったのね。
さすがだよ大ちゃん。

昔山下大輔、数年前川村丈夫のファンだった私には、なかなか粋な展開になっていて嬉しい限りです。
[PR]
# by piramasa | 2004-05-04 22:08 | 野球

移転作業終了

無事?移転作業も終了。
新オフィスは明るすぎてなんだか落ち着かない。
しかも今流行り?のセキュリティカード付、
とりあえずネックストラップとカードホルダーは用意した。

バッグ変えたらかなりの確率でカードを忘れそうな気がする。
(定期入れを間違いなく忘れる人間なので…(汗) )
[PR]
# by piramasa | 2004-05-04 21:52 | 仕事場

海老蔵襲名

今日は海老蔵襲名披露興行初日。
ついに新之助が海老蔵になった。
私が歌舞伎を見始めた頃、新海老蔵丈はまだ中学生で声変わりする前!だった。
市川宗家云々はこの際横において、
いい役者になりますようにと、心からお祈りします。
[PR]
# by piramasa | 2004-05-02 00:47 | 芝居雑記

春天

明日は春の天皇賞。
しかし事務所の移転が連休中にあるのでPATで買うことにする。

仮予想。
騎手の実績を考えて、ザッツザプレンティ、ネオユニヴァース、リンカーン。
長距離実績を考えて、チャクラ、ナムラサンクス。

今年の春天もフルゲート、スバラシイね。
[PR]
# by piramasa | 2004-05-01 07:56 | 競馬予想

良薬口に苦し

しつこいようだが、中学生当時に手元にあった媒体には対訳がなかった。
今にして思えば英語圏のロックバンドの常で、歌詞もリズムや韻が優先だったから、中高生の自分が意味をわかろうとして挫折するのは当然だったと思う。

でもヴァン・ヘイレンの「JUMP」の歌詞。
「YOU MUST GOT ROLL WITH THE PUNCHES WE GET TO THE REALS」。
日本語だと「本物を手に入れるためには、少しぐらい我慢しないといけない」。
脳天気な歌のように聴こえた「JUMP」、目から鱗が落ちた瞬間だった。英語圏の人はこんな重い言葉を、あの軽快でポップなメロディーをバックに聴いていたのか、と。

今、BUMP OF CHICKENの「STAGE OF THE GROUND」を聴きながらこの文章を書いている。
これも「JUMP」と同様、キャッチーなイントロが印象的な曲だけど、初めて聴いた時に印象に残った歌詞がある。
「すれ違う誰かが落としていった涙を数えるその度に
 優しくなりたいと願う君は誰よりも優しい人」
自分もこんな人間になりたい。でもできるのか?痛い言葉だ。
この曲最初から最後まで胸にしみる言葉ばかり、初めて聴いてから2年経つけれど、いまだに飽きずに聴ける曲。そしてこの曲をモチーフにして芝居を書いてみたい。

音楽って凄いね。しみじみそう思う。欲張りだと言われても結構。
私は頑張るよ。理想を実現しながらも人の痛みをわかる人間になれますように。
[PR]
# by piramasa | 2004-04-30 02:10 | 音楽

ハードロックはお好きですか?

実は私は女ですが、ヴァン・ヘイレン好きって言うと珍しがられます。
さらに、実を言うとラウドネス(ボーカルは二井原限定)も好きなんです。

珍しがるなー!ラウドネスの「S.D.I」は名曲だぞ!
[PR]
# by piramasa | 2004-04-29 16:44 | 音楽

十何年前に聴いた音楽

昨日寝る前に何か音楽聴こうかなとCDをあさっていたら、ヴァン・ヘイレンの「5150」が出てきた。
中学生の時カセットテープ(10代~20代前半の人はピンと来ないだろうな~)で買っていて、最近CDで買い直したのをすっかり忘れていたらしい。

中学生当時に買った(買ってもらった?)テープには歌詞しかない。つまり対訳がなかった。
意味が知りたいと思って英和辞典をたぐった。でも載っていない言い回しや単語が多かった。当時通っていた塾の英語担当の先生(以下S・H先生)が帰国子女で、いわゆる「洋楽」専門雑誌のライターでもあったので色々根掘り葉掘り聞いてみた。
なんか歯切れが悪かったのを覚えているけど、(後でわかったことだけど、アメリカのハードロックバンドはあまりきれいな言葉を使ってないからみたい。 日本人が「超ムカつくー!」なんて言うように)
それでもさしだした歌詞カードの中から「これなんかいいんじゃない?」と、中学生が対訳するにはいいような曲を示唆してくれたりしていた。

今手元にあるCDには対訳がある。それを読むと愕然とする。これを日本の中学生に、英語圏の人間の日常の使い方に即して訳せと言うのは無理だ。やろうとしていた自分、もっとバカ(笑)。

S・H先生にはいろいろ教わった。励ましてももらった。
ヴァン・ヘイレンの「WHY CAN'T THIS BE LOVE」に
「NO I CAN'T RECALL ANY LOVE AT ALL BABY THIS BLOWS'EM ALL AWAY」って歌詞があり、「BLOWS'EM」の箇所で悩んだ挙句、中学生当時の私は確か、「今までの(つきあった)女性(の存在)が思い出せないくらい、この恋に夢中」と解釈したと思う。
これをS・H先生に話したら少し間を置いた後、「いいんじゃない」と言ってくれた。
ちなみにCDの対訳は「この強烈な思いに比べれば今までの恋はみんなかすんでしまう」。…十何年も経っていたけど嬉しかったね。頑張って解釈した意味が間違っていなかったから。

結局のところ、外国の言葉を咀嚼して自国の言葉にするのもセンスの問題だと思う。その意味でS・H先生は自分の国の言葉である日本語を大切にしようよ、と言うことを教えてくれたんだと思う。

中高生に洋楽で英語を教えるなら、ジャーニーがいいと思っているピラ政なのでしたあ。(スティーヴ・ペリーの歌詞はわかりやすい。ジャーニーについてはいずれまた。)
[PR]
# by piramasa | 2004-04-29 16:24 | 音楽

最近笑ったこと

昨日から雨と風が激しい。
前出のNさんが名言をのたまってくださいました。
「カツラが飛びそうな風が吹いてるわ」

深くうなずいて、かつ高笑い(疲れててテンション高かったんです)した昨日の私に乾杯!
[PR]
# by piramasa | 2004-04-28 01:22 | 仕事場