四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

タグ:レ・ミゼラブル'07 ( 51 ) タグの人気記事

10月7日『レ・ミゼラブル』ソワレ感想 2日続けてユダの心境

まだまだ続く、博多座レミゼ感想はやっと4つ目。

さて10月7日ソワレの席はC席ど真ん中。
1階だろうが2階だろうが3階だろうが、真ん中と言う位置は実にいいですね。特に3階席に座ると、オペラグラスを動かす範囲が必要最低限で済みますもの。

ところでレミゼに限った話ではないが、これだけ劇場通いが続くとリピーターもしくは観劇慣れしている人がわかるってもんですね。
例えばやたらに身軽だったりとか、荷物は座席下に置いちゃうとか、オペラグラスを構えるタイミングに無駄がなかったりとか、逆にオペラグラスはまったく使わなかったりとか。

何故こんなことを書いているかと言うと、6日7日と4回続けて3階C席に出勤していたものだから、「あれ、この人…」と言う方々を何人か見かけたから。
もちろん私もそう思われていたかもしれない。
しかも7日ソワレはオペラグラスを構えるポイントが露骨過ぎました(笑)。

そして今日もジャベるわよ…以下こちら
[PR]
by piramasa | 2007-11-10 22:34 | 芝居感想

10月7日『レ・ミゼラブル』マチネ感想 素直になれなくて

久しぶりに美容院に行ってきました。3月上旬以来です。
何気に髪の毛の量が多いので、冬場は短い方が楽だったりします。

そんなワケでかなりパッサリーノバッサリと切りました。
どれぐらい切ったかと言うと、
「地毛でジャベールができるぐらい」から
「地毛でグランテールができるぐらい」へ。

こんな時にレミゼの登場人物で例えをする自分、…どっぷり浸かったもんだ。

今回の前フリは本題と関係あります(笑)。
さあ博多座レミゼの感想、まだまだあるよ。時間がかかっても書きますよ(宣言)。

さて10月7日、日曜日のマチネ。
橋本バルジャン阿部ジャベール、帝劇では観ていないのに「私好み!」と盛り上がる組合せでした(笑)。
その結果。期待を裏切らない濃厚な3時間15分でした。

なぜ「濃厚」かと問われれば。
帝劇で観た限り、橋本さんも阿部さんも相手の出方次第で芝居をする人だとお見受けしたのです。
そしていい意味で、まったく想像どおりだったと言うことに尽きます。

今日はジャベりますよ…、以下こちら
[PR]
by piramasa | 2007-10-31 22:53 | 芝居感想

新たな現実逃避

予定では「金八先生」を見ているはずでしたが、博多座HPにレミゼ前楽と大楽のカテコ動画がアップされていたのでついついそちらに見入ってしまいました。

個人的には今シーズンのマイ初日が橋今コンビだったので、やはり前楽の方が興味深かったです。
感極まりながらご挨拶する岸さんと辛島さんにもらい泣きしそうになり、自分で紹介して自分で挨拶して自分で締める駒田さんに大ウケ。
それにしても瀬戸内さんが回を重ねるごとに緊張度が高くなるとおっしゃっていたのには、芝居って奥が深いなあと思う。

今さんのご挨拶は短めだったが、その分真剣にジャベールと向き合ってきたんだなあと我が事のように誇らしい。
さて、噂の橋本バルジャンのご挨拶。
…ああ、この挨拶じゃあ笑いが止まらないわな(笑)。
こんな千秋楽のご挨拶もたまにはいいね。
余談。今さんと駒田さんが2回目に止めに入った時の体勢に、「おじいちゃん、楽屋に戻りましょうね」とアフレコをつけたのは私だけではないと思いたい。

帝劇のレミゼHPにも、博多座の舞台裏動画がアップされています。
9月編に今さんがそこかしこに映っているのが嬉しいですね。…と書いたそばから10月編の阿部さんのいい声にウットリする浮気者約1名…。
個人的ヒットは、9月編の禅さんの後ろにうごめく挙動不審な別所バルと、やはり10月編の柔軟剤を持ってたたずむ本番中の今ジャベール目撃談、でしょうか。

はあ~、やっぱり名残惜しいなあ。さ、残りの感想頑張ろっと。
[PR]
by piramasa | 2007-10-25 21:58 | 芝居雑記

大千秋楽おめでとうございます

2007年の『レ・ミゼラブル』、ついに今日大千秋楽!
…特にどこにも事故の便りがないので、無事終了ということで良さそうですね。

『オペラ座の怪人』東京公演千秋楽の時とはまた違った虚脱感が、いいかげんダメージを食らったこの身を襲っております。
「花の命は短いほど美しい」ものだとはわかっていましたが、今日つくづく実感しました。

帝劇博多座含めて、レミゼの話題を求めて拙ブログへお越し頂いたすべての方に、この言葉を捧げます。
おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

さて、テメエの感想の残りを頑張ろうかい…。
[PR]
by piramasa | 2007-10-25 00:14 | 芝居雑記

泣いたり憂えたり

そろそろジャベールが身を投げる頃かな。
※このエントリーを書き始めたのが20時45分頃でした

…なんて推量するのも明日で最後となります。
そしてあと30分ほどで橋今大楽、じゃなくてレギュラーキャスト「だけ」の大楽も終わり。
今日のテナルディエ夫妻は、…よりによって駒田さんと瀬戸内さんですか。結婚式のところ思いっきり笑いをとりに来そうですね。

ところで四季のキャス変。
…岸さん、またスキンブルに戻っちゃったよ。いつになったらラウルの稽古に入るんだろう。北澤さん、いいかげん疲れてるんじゃなかろうか。
…はっ、もしかして石丸さんはラウルの稽古中?…と思っておこう。

そんでもって宮内さんがようやく猫抜けしてメグになりました。
大阪の皆さ~ん、彼女の悲鳴は必聴モノでっせ~。
で、ファントムが佐野さんって…?つい先週までチェをやっていたはずでは…。
ホント人づかいの荒い劇団だねえ…、と何度使ったかしれないフレーズを口走ってみる。

…そうこうしているうちに、テナルド男爵夫妻が結婚式に乗りこんでくるであろう時間になりました。
できることなら私も博多座の客席にいたかった。
今日博多座にいらっしゃる皆さん、私の代わりに笑って手拍子して、そして泣いてくださいませ。

22:10追記。
JCSのヘロデが大塚さんに!
…ってことはプログラムでしかお目にかかれなかった「助六」ヘロデが拝めるってことですか。
なんで東京で出てくれなかったんですかー!←無茶言うな
[PR]
by piramasa | 2007-10-23 21:04 | 芝居雑記

10月6日『レ・ミゼラブル』ソワレ感想 私はユダの心境

博多座レミゼ、今日は橋今大楽ですねえ。←素直に前楽とおっしゃい。

さて6日ソワレ、席は3階C席上手側。
オペラグラスの再調整をしないで済んだのは言うまでもなし。
オケの並び方のせいか、上手はパーカッションの音がかなり響いて聴こえてきた。

さてこの回のバルジャンは山口さん、ジャベールは今さん。
そう、いつぞや「積極的には観ない」と言い切った組合せですが、博多座合宿で唯一今さんの出演される回だったので迷わずチケットを押さえました。
常にジャベールベースでスケジュールを組む私ですが、加えてこの回のアンジョが「優さま」だったのがダメ押しになったのも言うまでもありません(笑)。

以下、きわめて率直に感想を書きましたので、あらかじめお断りしておきます。

「元ジーザス」ですから…?以下こちら
[PR]
by piramasa | 2007-10-23 01:59 | 芝居感想

10月6日『レ・ミゼラブル』マチネ感想 私はジャベールが好きだ

博多座の『レ・ミゼラブル』も気がつけばあと5日で2007年の大千秋楽ですね。
合宿疲れだなんだとモタモタしているうちにプリンシパルの大半が千秋楽を迎えてしまい、明日からはスペシャルキャストが勢揃い。
…そんな状況ですが、遅ればせながら博多座合宿の顛末記を。

その前に6日は朝からテレビを見てちょっと涙ぐんでいました。
理由は前日行われたヤクルト古田の引退試合のVTRが放映されていたから。

引退試合をやってもらえる選手の方が圧倒的に少ない中、ベイスターズファンの私でもホロリとするセレモニーでした。
なんと言ってもスワローズ黄金期の立役者、いわんやスワローズファンの心中をや。
球団史上一の功労者のために朝から神宮球場に詰めかけたファンを、球団は大事にしてほしいと切に願います。

つまり何が言いたいかと言うと、朝から涙腺が緩んじゃったよ、これから今日1日どうしよう…って思ったことです。

気がついたらジャベール各論に…、以下こちら
[PR]
by piramasa | 2007-10-20 02:14 | 芝居感想

有終の美飾れず

a0010198_1821327.jpg

マイ大楽終了です。
キーヨに泣かされ、阿部ールの迫力にまた身動きがとれず、
…いちいち列挙してたらキリがありません。
でも観たいものは観ると言うモットーに従ったので悔いはありません。

さあ帰るぞ!と福岡空港に来てみれば、
「羽田空港悪天候に伴い、管制塔からの指示により1時間遅れ」ですって。
イエス様~、俺は無実~♪(泣)
[PR]
by piramasa | 2007-10-08 18:21 | 芝居雑記

一幕目からさあ大変

a0010198_13423341.jpg

キーヨのバズーカバリトンボイス復活です。
今日は久々に号泣しそうな予感。
追伸:グランテール松村さん、やっぱり今日から復活です。
[PR]
by piramasa | 2007-10-08 13:42 | 芝居雑記

博多座出勤2日目雑感

今日もネットカフェから「今にちは」。←わざと。
昨日B班グランテール役の松村さんが休演されていることを書いたが、さっき博多座のHPを見たらそのことは触れられてないですね。今日から復帰なのかしら。それなら昨日、ピンチヒッターの伊藤さんがカテコで主役になっていたのもうなずけるけど。

さて博多座出勤2日目、昨日(7日)の取り急ぎの感想。
席は昨日もマチソワとも3階席。但しマチネは端っこ、ソワレはセンター。
博多座は端っこの席でも他の劇場より格段に見やすいので、センターに座ってもっとビックリしたのは言うまでもありません。
それにしても音の聴こえ方がまったく違ったのは、席の位置のせいか、昼夜入替の間に音効のレベルチェックをやり直したのか。
まあ開幕直後の帝劇よりはマシでした。

この2日間でオペラグラスの合わせ方が上達しました。以下こちら
[PR]
by piramasa | 2007-10-08 10:46 | 芝居雑記