四季中心の観劇ブログ、時々「競馬」と「デジイチ」に「関ジャニ∞」ネタ。
by piramasa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お知らせ
①トラバ・コメントについてお願いです。(8月3日更新)

②メールフォーム設置しています。
ご意見感想等、コメント欄に書くには…と思われることはこちらへどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
全体
芝居感想
芝居雑記
競馬予想
競馬雑記
ヨリトモのつぶやき
音楽
旅行
野球
仕事場
テレビ
日常生活
買ったもの
その他
タグ
(85)
(77)
(71)
(70)
(69)
(63)
(54)
(51)
(51)
(47)
(45)
(42)
(41)
(34)
(31)
(29)
(27)
(21)
(21)
(17)
以前の記事
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
more...
検索
ライフログ

Astra


Phoenix


Hurricane Eyes


For the Love of Strange Medicine


Street Talk


Frontiers


Journey - Greatest Hits


歌のおにいさん [DVD]


関パニ vol.1 [DVD]


関パニ vol.2 [DVD]


関パニ vol.3 [DVD]

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
演劇
画像一覧

4月29日『ラ・マンチャの男』マチネ感想 好きなんだけど…

なんだかんだ言いながらも、結局『ラ・マンチャの男』は1回リピートしました。

くどいようですが、話と曲は「好きなのさ~♪」。
そして29日は、2階センターで観ることができました。
帝劇の2階センターは最高ですね。2階席フェチの私、大満足でした。

見え方は最高でしたが、それでも『ラ・マンチャの男』は日生向きだと思ったのも偽らざる感想です…。

しかし「歌舞伎役者が出演する、歌舞伎以外の舞台」は、客席の温度差が激しいです。
ここで言う「温度差」は、「慣習の違い」に他なりません。
まあ端的に言うと、「(歌舞伎ならいいけど)そこで拍手するなー!」…ってとこでしょうか。

色々と思った1日でした。
以下、少々辛口です。こんな意見もあると思って読んで頂ければ幸いです。



前回の感想で一言も触れませんでしたので、今回は幸四郎(以下「高麗屋」)の感想から。

お世辞にも歌はお上手と言えないし、相変わらず声がくぐもりがちなのには苦笑したが、
そこはさすが高麗屋、存在感その他で納得できるセルバンテスであったのは素晴らしい。
思わず「見果てぬ夢」でホロリとしたのは歌がお上手だったからではなく、1100回の蓄積が高麗屋の身体からにじみ出ていたから、…なんて書いたらカッコよすぎるかしら。

それとセルバンテス/ドン・キホーテは舞台上での衣装替え化粧替えが結構多いのに、初めて気がついた。
あれがスムーズにこなせているのを観ると、さすが歌舞伎役者だなあと思う。
と言うか、歌舞伎じゃない舞台の方が「この人は歌舞伎役者なんだなあ」と思えるのは何故なんだろう。

おやじさんのことを書いたからには、娘さんのことも書かねばなるまい。
5演目が終わったと言うのに今更こんなことを言うのもなんですが、私は松たか子はこのカンパニーでアルドンサをやるには時期が早いと思います。
父娘共演ということで彼女が相当努力していることは想像に難くないが、せめてドン・キホーテが幸四郎でなければまだ救いがあったかもしれない。

あと、歌い方が「ミュージカルの歌い方」でないのが気になる。
この2日前に四季のミュージカルを観たばかりなので余計にそう思った。
彼女自身のリサイタルとかCDでこういう歌い方ならまだいいけれど。
…「同じことさ」と「アルドンサ」はリサイタル向きの曲じゃない!と言うツッコミは不可よ(汗)。

でも前回観た時よりは「ゆきずりの恋」で生まれてそのまま捨て置かれて現在に至る…という風情は出ていたと思います。
台詞や仕草表情の部分はさすがですね。
前回感じた「最初からドルシネアのよう」なのは、彼女にとってアルドンサは「ガラ」もしくは「ニン」違いの役だからかもしれません。

ちょっとなごんだ感想を。
床屋がドン・キホーテ相手に繰り広げる駄洒落、あれは脚本にあるものなのか、それとも駒田さんのオリジナルなのか。…気になる。

ちなみにその内容は。…公演終わったから書いてもいいよね。
①「床屋、床屋、床屋で散髪屋!」
②「じじいがやっても、バーバー!」
③「俺の親戚みな床屋。・・・いとこ屋、はとこ屋…」
④…で滑ってしまって「どうも『シェーバ』せん!」
個人的には①が好きです(笑)。

そしてここで駄洒落を連発する駒田さん、高麗屋がニコリともしないので心なしかテンパっていた模様。…しかも本気で。

さて終盤。
なんだかんだ言いながらも、ドン・キホーテの最期から「見果てぬ夢」リプライズにかけてはやはり涙腺が怪しくなります。
「見果てぬ夢」の歌いだしはアルドンサ(役の囚人)、ここはとても澄んだ声なのが良かった。
もう少しで涙が出そうになった時、事件は起こりました。
セルバンテスが牢獄の階段を上り始めた時に2階上の方から拍手が起きてしまったのです。
「これは歌舞伎じゃなーい!」と暴れそうになりました。
そういえば『ドラクル』の時も同じ目に遭ったっけな…。

そのかわりと言うワケではなさそうだが、カテコで高麗屋が「Impossible Dream」(「見果てぬ夢」の原題)をオリジナル(つまり英詞)で歌うというサプライズがありました。
さっきのフライング拍手がなかったとしても、素直に感動して泣けましたよ。
もっとも芝居しないで済むからか、この「Impossible Dream」が本編含めて一番声量もありお上手だと思ったのはナイショです。

さーて次回かかったらどうするかな。
今回とプリンシパルがあまり変わらないようなら、中日以降に1回…ってとこかな。
それより高麗屋の御歳を考えると、そろそろ後継者を考えないといけないと思います。
私はそっちの方が気にかかります。
[PR]
by piramasa | 2008-05-04 15:16 | 芝居感想